HOME » UVカットで皮膚の老化を防ぐ » 色素沈着って何?

色素沈着って何?

日焼け時の赤みと色素沈着

太陽の光に当たって4~5時間たつと、皮膚が赤くなります。
これを紅斑反応(サンバーン)といいます。
その赤みはだいたい3、4日後に褐色になります。
皮膚の赤みが褐色になることを色素沈着と呼びます。
日焼けした肌は色素沈着している状態なのです。

日焼けのしかたにも個人差がある?

人によって赤くなる時期が違ったり、褐色になるまでの時間が異なったりします。
また、赤くならないですぐに褐色になるタイプなどもあります。
同じだけ日に当たっても、赤くなる人やすぐ肌が黒くなる人、ほとんど反応がない人など
の違いが生まれるのは、どうしてでしょうか。

3つのスキンタイプ

紫外線を浴びたときの肌の反応の違いから、大きく分けて3つのタイプに分けられます。

  1. タイプⅠ:日光にさらされるとすぐに赤くなり、数日たっても褐色にはなりにくいタイプ。
  2. タイプⅡ:ほどほどに赤くなってほどほどに褐色になるタイプ。
  3. タイプⅢ:日光にさらされた直後は赤くならず、数日後に褐色になりやすいタイプ。

タイプⅢの場合は、紫外線を吸収したり拡散させたりするメラニンをつくる能力が高く、
少し日光を浴びただけでもお肌が褐色になりやすいタイプです。
逆にタイプⅠの場合は色白のお肌の方が多いです。
しかし、メラニンがあまり作られないので、うっかり日光を大量に浴びてしまうと
お肌は重大なダメージをうけてしまいます。
このように、日焼けのしかたにも個人差があるのです。

あなたのお肌はどのタイプでしょうか?
自分のタイプを見極め、それに応じたUVカット対策を行っていきましょう。
 

コンテンツ

日焼け止めの選び方

効果的なUV対策には自分に合った日焼け止めを使う事が大切です。

よけいな日焼けはシワのもと

紫外線ダメージはシミだけでなく、しわの原因にもなるのです。

日焼け対策の落とし穴

本当にそれで大丈夫?? 意外に知られていない日焼け対策の落とし穴

日傘と帽子のUV効果

こんなに進化しています!! 試してみたい最新UVアイテム

UV効果を高める保湿術

日焼け止めの効果を高めるには保湿する事が大切です。

SPF数値と効果の違い

SPF数値の違いによって、UV効果はこんな違いがあるのです。

シミに効く美白化粧品の選び方

その化粧品、本当に美白用?? 美白成分を知って効果的な美白ケア

UVカット口コミランキング

化粧品下地部門第1位

UVプロテクトベース30

UVカット口コミランキング

スキンケアしながらUVカット。紫外線や日常のあらゆるストレスから肌を守り、
さらにダメージから肌を回復させる...続きを見る

化粧品下地部門第1位

ハーバー研究所 UVカット25 日焼け止め

UVカット口コミランキング

伸びの良いさっぱりとしたクリームタイプです。シミの原因となるUVBを約8.5時間カット。シワの原因となるUVAもしっかり...続きを見る

化粧品下地部門第1位

シックスセンスラボ UVカットスプレー

UVカット口コミランキング

メイクの上からもスプレーできる、新スタイルの日焼け止めスプレー。紫外線が強くなる日中のお出かけも安心。ユキノシタエキスな...続きを見る

コンテンツ

トップページ | UVカット口コミランキングとは | 運営者情報 | お問い合わせ