HOME » UVカットが美肌を作る » 日焼けはせずに小麦色

日焼けはせずに小麦色

小麦色のお肌は健康美

今でこそ「美白」ブームが定着し、美しい肌の代名詞として美白がもてはやされていますが、
HIPHOP系のファッションスタイルやアジア的な健康美の象徴など、
「小麦色の肌」は根強い人気があります。

しかし、小麦色の肌を手に入れるために日焼けをするのは、
有害な紫外線を取り入れるという点で肌にはよくないことなのです。
日焼けサロンで人工紫外線を浴びると言うのも、肌にとっては有害なのです。
紫外線を取り入れずに、小麦色の肌になるということは出来ないのでしょうか?

メラニンは、肌を守るために作られる

小麦色の肌と言うのは、皮膚にメラニン色素が沈着した状態を言います。
普通、メラニン色素は肌が紫外線の刺激により生成されます。
生成されたメラニンは、肌のなかのDNAがそれ以上傷付かないように、どんどん作られます。
メラニンは、肌を守るために生成されるのです。

UVカットをしながら、小麦色のお肌を手に入れたい!

現在はまだ、紫外線を浴びずにメラニン色素を作り出すと言うことが難しいのですが、
近い将来、一般的になってくるかもしれません。
現在、アメリカの研究グループにより、
紫外線を浴びなくても、メラニン色素の精製を誘導する物質の研究が進められています。
これが実用化されれば、例えばリゾートへ行く3,4日前に肌に塗れば、
太陽の光を浴びなくてもメラニンが作られて日焼けをしたような肌の色になります。
これを塗ることで、事前にメラニンがつくられ、肌が紫外線に対する予防線が張られた状態になるわけです。
こうして、紫外線による害を受けることなく、小麦色の肌を手に入れることが出来るわけです。

紫外線を浴びなくても小麦色の肌になれる、そんなには遠い将来のことではないのです。

コンテンツ

日焼け止めの選び方

効果的なUV対策には自分に合った日焼け止めを使う事が大切です。

よけいな日焼けはシワのもと

紫外線ダメージはシミだけでなく、しわの原因にもなるのです。

日焼け対策の落とし穴

本当にそれで大丈夫?? 意外に知られていない日焼け対策の落とし穴

日傘と帽子のUV効果

こんなに進化しています!! 試してみたい最新UVアイテム

UV効果を高める保湿術

日焼け止めの効果を高めるには保湿する事が大切です。

SPF数値と効果の違い

SPF数値の違いによって、UV効果はこんな違いがあるのです。

シミに効く美白化粧品の選び方

その化粧品、本当に美白用?? 美白成分を知って効果的な美白ケア

UVカット口コミランキング

化粧品下地部門第1位

UVプロテクトベース30

UVカット口コミランキング

スキンケアしながらUVカット。紫外線や日常のあらゆるストレスから肌を守り、
さらにダメージから肌を回復させる...続きを見る

化粧品下地部門第1位

ハーバー研究所 UVカット25 日焼け止め

UVカット口コミランキング

伸びの良いさっぱりとしたクリームタイプです。シミの原因となるUVBを約8.5時間カット。シワの原因となるUVAもしっかり...続きを見る

化粧品下地部門第1位

シックスセンスラボ UVカットスプレー

UVカット口コミランキング

メイクの上からもスプレーできる、新スタイルの日焼け止めスプレー。紫外線が強くなる日中のお出かけも安心。ユキノシタエキスな...続きを見る

コンテンツ

トップページ | UVカット口コミランキングとは | 運営者情報 | お問い合わせ