HOME » 手軽で便利なUVカット剤 » 日焼け止めの選び方

日焼け止めの選び方

日焼け止めの選び方

ライフスタイルに合わせた日焼け止め選び

いつも同じ日焼け止めでケアをしていて、肌トラブルを感じたことはありませんか?
紫外線を浴びる量は、季節や時間帯、屋外での活動時間や仕事をする場所、
屋内でも窓際かどうかなど、さまざまな条件によって変わってきます。

また、いつも高SPF、PAの日焼け止めを使い、乳液やファンデーションにも日焼け止め成分が入っている化粧品を使っているのに、
なぜか日焼けしてしまう…という方は、意外に多いのではないでしょうか。
これは、日中活動する中でかく汗や皮脂などにより、日焼け止めが落ちてしまうことが原因です。
だから、むやみに高いSPF、PAの製品を使っていれば一日中安心、といわけではありません。

日焼け止めの塗りなおしが美肌を守る

そのため、日焼け止めの塗りなおしが重要になってきます。
冷房の効いたオフィスでの一日過ごすなら、UVカット効果のあるパウダーファンデーションを塗りなおすことでUVカットが出来ますが、
日中の外回り屋外での活動では、それだけでは不安です。
しかし、お化粧の上から日焼け止めクリームや乳液を塗ると、崩れやすくなってしまいます。
一度お化粧を落としてからの塗りなおしも、度々やるのはめんどうです。
日々のUVカットアイテムを選ぶときに重要なポイントは、1.いつどこでも使えて2.携帯に便利、そして3.お肌に優しいということです。

1.いつどこでも使える

日々の忙しい生活では、外出したときにいつでも、お化粧直しが出来る場所がすぐに見つかるとは限りません。
そして、日焼け止めを塗りなおすためだけに、十分な時間を取れるわけではありません。
なので、急に外に出るという機会が出来たときや、日差しが強いな、と感じたそのときに、
ササッとひと吹きすればUVカットが出来る、スプレータイプが重宝します。

2.携帯に便利

お気に入りのUVカットアイテムは、年中どこへでも持ち歩くことがベスト。
たった一日対策を怠るだけで、あなたの肌は蝕まれていきます。
いつどこでも紫外線対策を心がけるのが美肌への近道です。
そのため、手軽に持ち歩けるサイズ重さであると言うことは意外に重要なポイント。
また、外出先で使うためには、手が汚れない方がいいですよね。
使うたびに、あの日焼け止めクリーム独特のニオイが手に付くとなかなか取れません。
手を汚さずにUVカットできるのはスプレータイプの強みです。

3.お肌に優しい

日焼け止めってお肌に良くないんじゃないか…?
そう思って日焼け止めを毎日使うのをためらっている方も多いのではないでしょうか。
確かに、日焼け止め成分のなかには紫外線吸収剤など毎日使うものだから、お肌に優しくなければいけません。
敏感肌の方は、パラベンフリーのものを選ぶというのも一つの方法です。
 

コンテンツ

日焼け止めの選び方

効果的なUV対策には自分に合った日焼け止めを使う事が大切です。

よけいな日焼けはシワのもと

紫外線ダメージはシミだけでなく、しわの原因にもなるのです。

日焼け対策の落とし穴

本当にそれで大丈夫?? 意外に知られていない日焼け対策の落とし穴

日傘と帽子のUV効果

こんなに進化しています!! 試してみたい最新UVアイテム

UV効果を高める保湿術

日焼け止めの効果を高めるには保湿する事が大切です。

SPF数値と効果の違い

SPF数値の違いによって、UV効果はこんな違いがあるのです。

シミに効く美白化粧品の選び方

その化粧品、本当に美白用?? 美白成分を知って効果的な美白ケア

UVカット口コミランキング

化粧品下地部門第1位

UVプロテクトベース30

UVカット口コミランキング

スキンケアしながらUVカット。紫外線や日常のあらゆるストレスから肌を守り、
さらにダメージから肌を回復させる...続きを見る

化粧品下地部門第1位

ハーバー研究所 UVカット25 日焼け止め

UVカット口コミランキング

伸びの良いさっぱりとしたクリームタイプです。シミの原因となるUVBを約8.5時間カット。シワの原因となるUVAもしっかり...続きを見る

化粧品下地部門第1位

シックスセンスラボ UVカットスプレー

UVカット口コミランキング

メイクの上からもスプレーできる、新スタイルの日焼け止めスプレー。紫外線が強くなる日中のお出かけも安心。ユキノシタエキスな...続きを見る

コンテンツ

トップページ | UVカット口コミランキングとは | 運営者情報 | お問い合わせ