HOME » 手軽で便利なUVカット剤 » 様々なタイプの日焼け止め

様々なタイプの日焼け止め

自分に合った日焼け止めの選び方

例えば、あなたは化粧水や乳液などの基礎化粧品を選ぶとき、自分のお肌の状態に合わせてセレクトしているのではないでしょうか。
しっとりタイプやさっぱりタイプ、気になるお肌のトラブルや季節の変化によって変えていることが多いですよね。
自分に合った日焼け止めを選ぶときには、基礎化粧品と同じように自分のお肌のタイプを考慮するだけではなく、
日中の活動場所時間帯どのくらい日光を浴びるか塗りなおしが出来る状況か、など様々な条件を考えなければなりません。

日焼け止めはクリームが一般的ですが、乳液ローションジェルスプレーなど様々な形状のものがあります。
それぞれ、どのような特徴があるのでしょうか。

1.クリームタイプ

水分や油分が不足しがちな乾燥肌や、敏感肌の方には、クリームタイプがオススメ。
保湿成分が含まれていて、スキンケア効果のあるものも。
化粧下地として使えるものもあり、一般的に使われているタイプといえます。
しかし、オイリー肌の方には、毛穴に油分が詰まって肌荒れの原因にもなるので、
Tゾーンを避けて使うか、ローションタイプか乳液タイプの使用がオススメです。

2.乳液タイプ

さらっとした使用感の乳液タイプは、伸ばしやすく肌への負担もかかりにくいのでコチラも敏感肌の方にオススメ。
伸ばしやすいので顔だけではなく体への使用にも適しています。

3.ローションタイプ

ローションタイプのメリットは、デイリーに使えると言うこと。
わざわざUVカットを意識しなくても、UVカット効果のあるローションを基礎化粧品として使うことで、
知らないうちにUVケアができると言うことに。
しかし、クリームなどに比べ落ちやすいため、UVカット効果をがっつり期待したい人には向いてないかもしれません。

4.ジェルタイプ

水ベースなので伸びがよく、軽い使用感が特徴。
伸ばすとサラサラになる成分が入っているものなど様々なタイプが出ています。
全身などにも使え、顔用にも日々のUVケアに使っている人も多いのでは。
しかし、気をつけてほしいのが成分。
ジェルタイプのような不安定な形状のものは、作る過程で形状を安定させるために
界面活性剤と呼ばれる刺激の強い成分を含んでいる場合があります。
敏感肌の人は成分に注意が必要です。

5.スプレータイプ

あまり見慣れないかもしれませんが、最近注目の日焼け止めです
1~4までの日焼け止めのタイプが、主に化粧の前に塗るタイプだったのに対して、
スプレータイプは化粧をしたあとや、日中の塗りなおしに適しています。
日焼け止めの効果がどれほど高くても、時間がたって汗や皮脂が出てくるとどうしても崩れ、
UVカット効果も落ちてきます。
そんな時、化粧の上からでも吹きかければUVケアが出来るスプレータイプが便利です。
また、手を汚さないのでスポーツやアウトドアでの使用にも向いています。

 

コンテンツ

日焼け止めの選び方

効果的なUV対策には自分に合った日焼け止めを使う事が大切です。

よけいな日焼けはシワのもと

紫外線ダメージはシミだけでなく、しわの原因にもなるのです。

日焼け対策の落とし穴

本当にそれで大丈夫?? 意外に知られていない日焼け対策の落とし穴

日傘と帽子のUV効果

こんなに進化しています!! 試してみたい最新UVアイテム

UV効果を高める保湿術

日焼け止めの効果を高めるには保湿する事が大切です。

SPF数値と効果の違い

SPF数値の違いによって、UV効果はこんな違いがあるのです。

シミに効く美白化粧品の選び方

その化粧品、本当に美白用?? 美白成分を知って効果的な美白ケア

UVカット口コミランキング

化粧品下地部門第1位

UVプロテクトベース30

UVカット口コミランキング

スキンケアしながらUVカット。紫外線や日常のあらゆるストレスから肌を守り、
さらにダメージから肌を回復させる...続きを見る

化粧品下地部門第1位

ハーバー研究所 UVカット25 日焼け止め

UVカット口コミランキング

伸びの良いさっぱりとしたクリームタイプです。シミの原因となるUVBを約8.5時間カット。シワの原因となるUVAもしっかり...続きを見る

化粧品下地部門第1位

シックスセンスラボ UVカットスプレー

UVカット口コミランキング

メイクの上からもスプレーできる、新スタイルの日焼け止めスプレー。紫外線が強くなる日中のお出かけも安心。ユキノシタエキスな...続きを見る

コンテンツ

トップページ | UVカット口コミランキングとは | 運営者情報 | お問い合わせ