HOME » メラニンの基礎知識 » メラニンの排出が大切

メラニンの排出が大切

「お肌の黒さ」と「メラニン」の関係

一度作られたメラニンは、どんどん体内にたまっていき、私たちのお肌はどんどん黒くなっていってしまうのでしょうか?

そういうわけではありません。

作られたメラニンは、一定期間を置いて体外に排出されるのです。

日焼けしても、時間がたつと元の色に戻りますよね?

誰でも、一度日焼けをしても、時間がたてば色が落ち着いたりまたもとの肌の色に戻ったりするということを経験的に知っていると思います。

それはどういったメカニズムなのでしょうか。

表皮の奥にあるメラノサイト(色素細胞)で作り出されたメラニンは、その周りにある基底細胞に送り込まれ、蓄えられます。

このメラニンが皮膚に透けて見えるため、肌が黒く見えるようになるのです。

メラニンはメラノサイトで新しく作り出される一方で、さまざまな道を通って体外に排出されます。

メラニンがどのくらいの期間皮膚にとどまっているかははっきりしていませんが、大体1ヶ月ほどといわれています。

素早い排出が黒いお肌とおさらば出来る秘訣

基底細胞に蓄えられたメラニンは、皮膚のターンオーバーとともに皮膚の表面に向かって押し上げられ、角質とともに皮膚の表面からはがれ落ちていきます。

これがうまくいかず、ずっと肌に滞留した状態になってしまうと、シミとなって目立ってしまうのです。

ここで注意してほしいのは、メラニンは時間がたてばそのまま排出されるわけではないということです。

メラニンは生成された直後は薄い茶色ですが、表皮付近で紫外線を浴びたりして酸化されると色の濃い黒褐色のメラニンに変化するのです。

日光を浴びると、メラノサイトを刺激してメラニンを新しく作り出すだけではなく、以前作られたメラニンの色を濃くしてしまうのです。

日光に長く当たった直後に皮膚が黒くなるのは、前からあったメラニンが参加され黒く変化するためです。

出来てしまったメラニンは、肌のターンオーバーを正常化し、速やかに体外から排出しなければ、お肌はいつまでたっても黒ずんだままになってしまいます。
 

コンテンツ

日焼け止めの選び方

効果的なUV対策には自分に合った日焼け止めを使う事が大切です。

よけいな日焼けはシワのもと

紫外線ダメージはシミだけでなく、しわの原因にもなるのです。

日焼け対策の落とし穴

本当にそれで大丈夫?? 意外に知られていない日焼け対策の落とし穴

日傘と帽子のUV効果

こんなに進化しています!! 試してみたい最新UVアイテム

UV効果を高める保湿術

日焼け止めの効果を高めるには保湿する事が大切です。

SPF数値と効果の違い

SPF数値の違いによって、UV効果はこんな違いがあるのです。

シミに効く美白化粧品の選び方

その化粧品、本当に美白用?? 美白成分を知って効果的な美白ケア

UVカット口コミランキング

化粧品下地部門第1位

UVプロテクトベース30

UVカット口コミランキング

スキンケアしながらUVカット。紫外線や日常のあらゆるストレスから肌を守り、
さらにダメージから肌を回復させる...続きを見る

化粧品下地部門第1位

ハーバー研究所 UVカット25 日焼け止め

UVカット口コミランキング

伸びの良いさっぱりとしたクリームタイプです。シミの原因となるUVBを約8.5時間カット。シワの原因となるUVAもしっかり...続きを見る

化粧品下地部門第1位

シックスセンスラボ UVカットスプレー

UVカット口コミランキング

メイクの上からもスプレーできる、新スタイルの日焼け止めスプレー。紫外線が強くなる日中のお出かけも安心。ユキノシタエキスな...続きを見る

コンテンツ

トップページ | UVカット口コミランキングとは | 運営者情報 | お問い合わせ