HOME » UVカットアイテムの活用法 » 日傘と帽子のUV効果

日傘と帽子のUV効果

日傘と帽子のUV効果

UVカットに効果的なのは物理的遮断

いまや、美白を気にする女性だけでなく、男性も日差しの厳しいときは日焼け対策に日傘、帽子を使われる方が増えています。
UVカットは、物理的遮断が一番効果的。
日傘と帽子はお肌を守るための必須アイテムです。
もはや常識となった日傘や帽子による紫外線対策ですが、実際どのくらいの効果があるのでしょうか。
 

日傘の効果

日傘は、直射日光の実に90~95%をさえぎってくれます。
日傘の布地が紫外線を吸収するためです。
黒い日傘でなければ紫外線を防げないのでは?という疑問がよくあがりますが、実はそうではありません。
確かに、日傘の布地として黒が一番効果的ですが、薄い色合いの日傘でも、UVカットの効果は十分にあります
その日の服装に合わせて使えるように、何本か用意しておくと日傘のおしゃれも楽しめます。

日傘と帽子のWブロックでUVカット効果UP!

また、日傘単体ではなく、日傘をさし帽子をかぶるというWブロックも必要です。
帽子の効果は、日光が直接顔に当たらないようにすることです。
効果的に紫外線をカットする帽子を選ぶポイントは、つばの広さです。
つばが広く、首もカバーできるハット型の帽子が理想的です。
帽子のつばは出来るだけ広いものを選びましょう。
つばの広さが7センチあれば紫外線の40%がカットできると言われています。
帽子も、日傘と同じで黒でなくてはUVカットできないと言うわけではありません。

特に4月~9月の晴れた日は紫外線量が最も多い時期です。
外出時には日傘と帽子を常備しましょう。

ただし、直射日光だけではなく、壁や地面からの反射した光からの紫外線も注意しなくてはいけません。
そのため、サングラスや日焼け止め剤との併用が大切です。

コンテンツ

日焼け止めの選び方

効果的なUV対策には自分に合った日焼け止めを使う事が大切です。

よけいな日焼けはシワのもと

紫外線ダメージはシミだけでなく、しわの原因にもなるのです。

日焼け対策の落とし穴

本当にそれで大丈夫?? 意外に知られていない日焼け対策の落とし穴

日傘と帽子のUV効果

こんなに進化しています!! 試してみたい最新UVアイテム

UV効果を高める保湿術

日焼け止めの効果を高めるには保湿する事が大切です。

SPF数値と効果の違い

SPF数値の違いによって、UV効果はこんな違いがあるのです。

シミに効く美白化粧品の選び方

その化粧品、本当に美白用?? 美白成分を知って効果的な美白ケア

UVカット口コミランキング

化粧品下地部門第1位

UVプロテクトベース30

UVカット口コミランキング

スキンケアしながらUVカット。紫外線や日常のあらゆるストレスから肌を守り、
さらにダメージから肌を回復させる...続きを見る

化粧品下地部門第1位

ハーバー研究所 UVカット25 日焼け止め

UVカット口コミランキング

伸びの良いさっぱりとしたクリームタイプです。シミの原因となるUVBを約8.5時間カット。シワの原因となるUVAもしっかり...続きを見る

化粧品下地部門第1位

シックスセンスラボ UVカットスプレー

UVカット口コミランキング

メイクの上からもスプレーできる、新スタイルの日焼け止めスプレー。紫外線が強くなる日中のお出かけも安心。ユキノシタエキスな...続きを見る

コンテンツ

トップページ | UVカット口コミランキングとは | 運営者情報 | お問い合わせ