HOME » 紫外線の種類と量 » UVAとUVBって何が違うの?

UVAとUVBって何が違うの?

紫外線にはいくつかの種類がある

その波長の長さによって、大きく分けて紫外線A(UV-A)紫外線B(UV-B)紫外線C(UV-C)に分けられます。
UV-A、UV-B、UV-Cの順に波長が短くなっていきます。
一番波長が短いUV-Cは、実際には大気中の酸素やオゾン層に吸収されてしまうので、地表にはほとんど到達しません。
私たちが浴びる紫外線のほとんどは、UV-Aで、その割合は90~95%にもなり、残りがUV-Bになります。

UV-AとUV-Bが人体におよぼす害について

UV-Aは、皮膚に吸収されて活性酸素を作り、遺伝子DNAを傷つけてしまいます。
また、皮膚の免疫力を奪ったり、メラニン式を卒来る色素細胞を参加して黒くする働きを持っています。
そしてさらに、恐ろしいメラノーマ(悪性黒色腫)は、UV-Aが原因とも言われています。

UV-Bは、地表に届く紫外線全体のわずかですが、その影響力は大きく、
紫外線の害と言えばほとんどこちらのUV-Bによるものとも言われています。
皮膚細胞の遺伝子DNAに直接吸収されて、DNAにたくさんの傷をつけ、皮膚がんの原因を作ってしまうことがわかっています。
また、UV-Bは皮膚の免疫力を抑えてしまいます。
これにより、ウィルスや細菌などによる感染症にもかかりやすくなってしまうのです。

このように、私たちの体に重大な害を与えるUV-Bですが、地表にとどく紫外線のわずか数パーセントを占めるにすぎません。
しかし、年々、オゾン層の破壊により、地表に降り注ぐ紫外線の量が増えているため、UV-Bの影響も甚大なものになってきています。


 

コンテンツ

日焼け止めの選び方

効果的なUV対策には自分に合った日焼け止めを使う事が大切です。

よけいな日焼けはシワのもと

紫外線ダメージはシミだけでなく、しわの原因にもなるのです。

日焼け対策の落とし穴

本当にそれで大丈夫?? 意外に知られていない日焼け対策の落とし穴

日傘と帽子のUV効果

こんなに進化しています!! 試してみたい最新UVアイテム

UV効果を高める保湿術

日焼け止めの効果を高めるには保湿する事が大切です。

SPF数値と効果の違い

SPF数値の違いによって、UV効果はこんな違いがあるのです。

シミに効く美白化粧品の選び方

その化粧品、本当に美白用?? 美白成分を知って効果的な美白ケア

UVカット口コミランキング

化粧品下地部門第1位

UVプロテクトベース30

UVカット口コミランキング

スキンケアしながらUVカット。紫外線や日常のあらゆるストレスから肌を守り、
さらにダメージから肌を回復させる...続きを見る

化粧品下地部門第1位

ハーバー研究所 UVカット25 日焼け止め

UVカット口コミランキング

伸びの良いさっぱりとしたクリームタイプです。シミの原因となるUVBを約8.5時間カット。シワの原因となるUVAもしっかり...続きを見る

化粧品下地部門第1位

シックスセンスラボ UVカットスプレー

UVカット口コミランキング

メイクの上からもスプレーできる、新スタイルの日焼け止めスプレー。紫外線が強くなる日中のお出かけも安心。ユキノシタエキスな...続きを見る

コンテンツ

トップページ | UVカット口コミランキングとは | 運営者情報 | お問い合わせ